MENU

示談交渉がうまくいかない場合は訴訟も検討する

ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料


ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料

交通事故というと起きてはいけない事故ですが、交通社会では、あまりに当たり前になってしまっていて毎年多くの事故が起きています。

 

事故があるということはそれぞれに対してその法的・金銭的な処理もあるわけですが、多くの場合は、運転者が加入している自動車の任意の保険会社との話し合いで、示談になってしまう場合が多いです。その意味では、自動車社会は自動車保険会社が後処理をして支えています。

 

ただし、ここで注意することがあります。それは、本来の事故処理の方法ではないということです。
なぜなら、そもそもなぜ、事故の請求ができるのでしょうか?

 

それは、民法という法律の709条不法行為と関係します。

 

すなわち不法行為をした者は損害賠償の責めに任ずという法律があるために、賠償金の支払いなどがあります。

 

そのため、保険会社は事故を起こした保険加入者の代行をしているだけに過ぎません。すると、当然、各保険会社は良く調べもせずに自分たちの有利な話にもって行きます。

 

そのため、保険会社だけに任せておくと、後処理の専門ですからとにかく早いですが、不満が残ることもしばしばです。

 

そのような時は「これでいいのかな?」と思わず、弁護士を頼むことです。法律に関することを法律を使わずに話し合いをしても、うまくごまかされるだけですが、自分の言い分を弁護士に納得できるまでよく聞いてもらって、そのうえで相手と交渉してもらう。それでも納得してもらえなかったら、調停をし、さらに納得いかない場合は、訴状に書き、訴訟を起こして裁判をする。裁判のときに、口頭弁論でしっかりと言い分を法律的に述べてもらう。

 

そこまでやってもらった判決には意味があります。交通事故は仕方がないのだと思わずに、ふづき法律事務所のような専門の弁護士に頼むことです。

 

示談をしたらおしまいです。

 

泣き寝入りしないで自分の言い分をしっかりと伝えるという権利を行使する手段としてとても役立ちます。

ふづき法律事務所へのご相談はこちらから

ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料


交通事故によるトラブルなら交通事故専門弁護士におまかせください!
ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料


ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料


交通事故専門の弁護士相談ならふづき法律事務所におまかせください
ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料

訴訟手続きについて | 訴訟対応も可能記事一覧

交通事故にあった場合、基本的には双方の保険会社で交渉を行い、示談金が決定されるのが一般的です。しかし、相手の保険会社が交渉上手な場合は、十分なお金が得られないかもしれません。保険会社に示談交渉を全て任せてしまうことは、損している可能性があるのです。かと言って、事故の当事者同士である相手と交渉する気持ちになれない場合もあるでしょう。このような場合は、代理人として弁護士を立てることが最も効果的です。相...