MENU

交通事故の後遺障害の等級に不満の際にはふづき法律事務所に相談しましょう

ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料


ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料

交通事故に遭った場合には怪我の程度に応じて治療費のほかその後遺症の程度により損害賠償請求を行うことが出来ます。

 

しかし、その請求金額は後遺障害の等級によって基準が定められており、実際の症状の程度や本人の苦しみとは異なる判断で決められていることが多く、その判断によっては大きな問題となる事も少なくないものです。

 

さらに、交通事故はその責任割合によって賠償金額が変化する可能性もあり、満足出来る金額を受け取る事が出来ない場合が有るほか、治療費に於いても症状によっては症状固定と言われる、治療の効果がないと判断され治療費の支給が打ち切られてしまうことも多いため、きちんと弁護士に相談して然るべき補償額を請求する事が重要になります。

 

後遺障害の等級認定に於いては、実際の症状に対して詳細に規定されていることが多いものですがその判断については双方の示談に決定してしまうことも多く、加害者側の保険会社の担当者などに規定されてしまうケースも少なくありません。

 

しかし、後遺障害の等級においては日常生活に支障があまりないとされているむち打ちに於いてもその症状によっては重大な支障を伴ってしまうことも有り、実態に合った交渉を行うことが非常に重要となるのです。

 

ふづき法律事務所では、このような交通事故の後遺症に関する相談に親身になって対応してくれます。

 

難しい後遺障害の等級の認定に於いても実態にあった認定がされる様にサポートしてくれるほか、示談交渉に於いても必要な金額を請求するためのサポートを行ってくれます。