MENU

後遺障害14等級について | 交通事故相談ならふづき法律事務所

ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料


ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料

ふづき法律事務所は、交通事故専門の弁護士の先生がいる事務所です。交通事故専門の弁護士の先生は、被害者になってしまった方が示談交渉で正当な金額の賠償金を受け取れるように交渉を代行します。

 

交通事故でけがをすると、その治療が終わってからも後遺症が残ることがあります。交通事故の後遺症で多いのはむち打ち症です。むち打ち症は、事故の瞬間に体が大きくしなって骨格や関節がずれたり歪んだことから起きる後遺症です。

 

むち打ち症と一口に言いますが、いろいろなタイプがあります。

 

腰痛や首の痛みはよく知られた症状で、ずれたり歪んだ骨格や関節が筋肉やじん帯を傷めて痛みます。また骨格や関節のずれや歪みが神経を圧迫して痛みやしびれが発現したり、自律神経失調タイプの症状が見られることもあります。

 

自律神経失調タイプのむち打ち症は、特にバレリュー症候群と呼ばれます。

 

バレリュー症候群では、めまいや頭痛、聴力障害など一見すると交通事故の後遺症とは思えないものも多いのが特徴です。

 

交通事故でけがの治療が終わった後に、回復の見込みのない症状が固定的に残りその症状で生活に支障が出たり、仕事をする能力が低下すると後遺障害に認定されます。後遺障害に認定されると、けがの分とは別に後遺障害の慰謝料を請求できます。

 

後遺障害には等級制度があり、症状の程度や内容を数字で示しています。

 

そして後遺障害の慰謝料は、後遺障害の等級をベースに算定されることになっています。後遺障害の等級は1等級から14等級まであり、数字が小さいほど障害としては重度に認定されるものです。

 

後遺障害の等級の14等級の中に、1耳の聴力障害によって1メートル以上離れると小声を解することができないという項目があります。むち打ち症により聴力障害が残ってしまったケースでは、条件に合えば後遺障害の等級が認定されて慰謝料補償を受けられるケースもあります。

 

後遺障害の等級認定は、自賠責保険の審査会に申請します。申請方法は加害者の保険会社に任せるやり方と被害者自身で申請するやり方があります。ふづき法律事務所に弁護士相談すれば、後遺障害の等級認定申請を丁寧ににサポートしてもらえます。

ふづき法律事務所へのご相談はこちらから

ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料


交通事故によるトラブルなら交通事故専門弁護士におまかせください!
ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料


ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料


交通事故専門の弁護士相談ならふづき法律事務所におまかせください
ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料