MENU

交通事故に遭ってしまったら警察の実況見分は確実に行いましょう

ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料


ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料

交通事故に遭ってしまったら、まずは警察への通報を行い、交通事故の続発防止のために、動かせる場合は車両を路肩に寄せます。

 

そして、負傷者が発生した場合は、負傷者の救護にあたります。

 

このような応急処置が済んだら、怪我の治療を済ませた後に迎えることになる示談交渉に備えて、法律事務所などに連絡を入れて指示を仰ぎます。

 

ふづき法律事務所は、このような交通事故の損害賠償に関する示談交渉に実績があります。

 

警察が到着するまでに当事者と目撃者を確保できれば確保し、警察が到着したら、警察の立会いのもと、実況見分を確実に行います。

 

このときに当事者である加害者が逃げないように身分証明書もしっかり提示してもらいメモしておく必要があります。

 

実況見分調書は、被害者と加害者の過失割合を決定付ける重要な書類となりますので、正しく作成されているかどうかについてもちゃんとチェックしておく必要があります。

 

交通事故の損害賠償金の金額について交渉するのに必要となる書類については実況見分調書とは別に様々な書類があります。

 

自動車安全運転センターが発行をする、交通事故証明書は、警察が交通事故が発生した事実を確認したということを証明する書類になります。

 

あくまでも交通事故が発生したという事実を確認をしたということに対する証明をする書類なため、交通事故が発生した原因や、生じた損害の度合い、過失がどれだけあったかということを証明するための書類ではないため注意する必要があります。

 

ですので、加害者に被害者が賠償請求金を請求するためにはこの書類だけでは不十分ということになります。

 

交通事故が原因で怪我を負って、お医者さんに治療をしてもらったときに発行してもらい診断書などの書類は、保険金を加害者が加入している自動車保険会社に請求するときに必要となります。

 

病院などで診察をしてもらったときに施してもらった治療内容や、通院や、入院をした事実や、その状況について証明するための書類となっています。

ふづき法律事務所へのご相談はこちらから

ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料


交通事故によるトラブルなら交通事故専門弁護士におまかせください!
ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料


ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料


交通事故専門の弁護士相談ならふづき法律事務所におまかせください
ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料