MENU

ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料


ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料

ふづき法律事務所は、交通事故の示談交渉・損害賠償請求問題を多く取り扱う弁護士の先生がいる事務所です。

 

交通事故が起こってしまったら、第一にしなくてはならないことはケガ人の救護です。

 

同時に、警察への届け出も必ず必要です。

 

警察への届け出は、ケガの程度が軽いとか物損だけだからといった理由で判断せず、軽い事故でも必ず届けます。

 

警察では、交通事故の届け出があると実況見分をして調査書を作成します。

 

警察の立会い見分では、事故が起こった経緯や目撃者の情報などを確認します。

 

警察の立会い見分の結果事件性なしと認められれば、それ以上警察として介入することはなく和解策については事故の当事者どうしの話し合いに委ねられこの話し合いが示談交渉です。

 

交通事故の被害者は、ケガや休業、物損、精神的ダメージといろいろな面で多大な損害を被ります。

 

被害者は、この損害について相手に賠償請求することができます。損害賠償請求の中身は、相手の保険会社との示談交渉で決定します。

 

交渉では、受けた損害額を整理し過失割合を鑑みて賠償金の額を決めます。過失割合というのは、事故発生時にどちらにどの程度の落ち度や不注意があったかを数字で示すものです。そして受けた損害のうち自分の過失割合分は差し引いて請求する過失相殺が行われます。

 

過失割合も示談交渉の中で決められますが、参考にされるのが交通事故発生時の警察の立会い見分の内容です。

 

交通事故問題に強いふづき法律事務所では、交通事故が発生してしまったらできるだけ早く、できれば警察の立会い見分の時までに相談の連絡を入れることを勧めています。