MENU

事故の種類によって変わる過失割合について

ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料


ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料

ふづき法律事務所は交通事故専門の弁護士事務所で、被害者になってしまった方の相手の保険会社との示談交渉・損害賠償請求を丁寧にサポートしています。

 

被害者は、交通事故で多大な損害を受けます。身体のケガや車など持ち物の損壊、仕事を休まざるを得なくなって収入が減ったり、忘れてならないのが精神的に被る苦痛です。

 

被害者は、こうした諸々の損害について相手方に賠償請求する権利を認められています。実際に加害者にいくら支払ってもらうかやその内訳については、被害者と加害者が話し合う示談交渉で決めます。

 

示談交渉では、まずは被害者が被った損害の金額を整理します。被害者は被った損害分の賠償金を請求したいところですが、交通事故の損害賠償請求においては双方の過失割合が重要になってきます。

 

過失割合というのは交通事故の発生時にどちらにどの程度の不注意・落ち度があったかを数値化するもので、被った損害額のうち自分の過失割合分については差し引いて相手に賠償請求することになっています。

 

この仕組みを過失相殺といい、自分の過失割合が大きいと相手に請求できる賠償金の額が少なくなってしまいます。過失割合も示談交渉の中で決定するので、慎重を要します。
過失割合は、交差点や優先道路、信号機の有無や交通違反があったかどうか、追突事故などいろいろな状況により変わってきます。

 

交通事故が起こってしまったら、まずけが人の救護とともに警察に必ず届け出をします。警察では事故の状況確認や目撃者の情報を整理する実況見分を行い、併せて供述調書を作成します。

 

損害賠償請求の内容を決めるにあたっての双方の過失割合は、この交通事故発生時の警察の実況見分書と供述調書を参考に決められるのが一般的です。

 

ふづき法律事務所では、被害者になってしまった方が正当な金額の賠償金を受け取れるように示談交渉を代行しています。加害者サイドから提示された過失割合の数字に納得がいかなかったら、交渉がこじれてしまう前にふづき法律事務所に相談するのが一番です。

ふづき法律事務所へのご相談はこちらから

ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料


交通事故によるトラブルなら交通事故専門弁護士におまかせください!
ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料


ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料


交通事故専門の弁護士相談ならふづき法律事務所におまかせください
ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料

過失割合記事一覧

交通事故専門のふづき法律事務所では、示談交渉の中で決定する過失割合に関する相談を受け付けています。交通事故の被害者は、身体面のケガ・持ち物の損壊・収入の損失・精神面での苦痛と大きな損害を受けます。日本の法律では、交通事故の被害者に相手に対して損害賠償請求する権利を認めています。損害賠償請求をする内容や実際の金額については、相手方との話し合いで決めます。この話し合いが示談交渉です。示談交渉では、治療...

ふづき法律事務所は、交通事故の示談交渉・損害賠償請求問題を多く取り扱う弁護士の先生がいる事務所です。交通事故が起こってしまったら、第一にしなくてはならないことはケガ人の救護です。同時に、警察への届け出も必ず必要です。警察への届け出は、ケガの程度が軽いとか物損だけだからといった理由で判断せず、軽い事故でも必ず届けます。警察では、交通事故の届け出があると実況見分をして調査書を作成します。警察の立会い見...