MENU

交通事故の補償 | 交通事故相談ならふづき法律事務所

ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料


ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料

ふづき法律事務所は、交通事故の被害者になってしまった方を親身にサポートする弁護士の先生の事務所です。

 

交通事故の被害者は、いろいろな方面で多大な損害を被ります。人身事故であればケガをして入院や通院の治療を受けなくてはなりませんし、物損事故では車などが壊れて修理や買い替えの出費があります。また被害者は、身体や持ち物だけではなく精神的にも多大な苦痛を当然受けています。

 

被害者には、これらの損害について相手に賠償請求をして補償を受ける権利が認められています。

 

交通事故の補償は、大きく分けると治療費など実際に出費のある積極損害・失う収入などの消極損害・精神的な苦痛に対する賠償金の慰謝料が柱となります。慰謝料は、ケガの治療分の傷害慰謝料と後遺障害が凝ってしまった場合の障害慰謝料に分れられています。

 

交通事故の補償のうち、慰謝料には治療費や失う収入にはない難しい点があります。それは、精神的な苦痛という特徴から個人個人の違いという問題があり尺度化しにくいというところです。

 

そのため、交通事故の慰謝料には、事故ごとの格差をなくして定額化するために計算基準があります。しかし計算基準はひとつではなく、自賠責保険基準・任意保険基準・弁護士基準と3つの基準があってどの基準を使うかで慰謝料の額が変わるので要注意です。

 

交通事故の補償では、加害者から支払ってもらう賠償金の額や内訳について当事者どうしが話し合う示談交渉が行われます。

 

示談交渉は交通事故の当事者間の交渉ですが、加害者は交通事故を起こしてしまった場合に備えて自動車任意保険に付いている示談交渉代行サービスを利用して保険会社の味方についてもらうので、実質的には被害者対加害者の交渉になります。

 

加害者の保険会社と被害者の交渉では、保険会社ペースで示談が進められてしまいがちです。

 

それは、保険会社は示談交渉の知識が豊富で、また賠償金の額をできるだけ少なくしたい立場にあるからです。保険会社のペースですぐに示談に合意すると損をしてしまいます。

 

交通事故弁護士のふづき法律事務所は、被害者に代わり示談交渉を行い弁護士基準の高額な慰謝料など賠償金の引き上げに尽力します。

ふづき法律事務所へのご相談はこちらから

ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料


交通事故によるトラブルなら交通事故専門弁護士におまかせください!
ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料


ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料


交通事故専門の弁護士相談ならふづき法律事務所におまかせください
ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料