MENU

交通事故の損害賠償について | 法律相談・トラブルならふづき法律事務所

ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料


ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料

ふづき法律事務所は交通事故問題を専門に取り扱う弁護士事務所で、被害者の立場になってしまった相談者の方の味方として損害賠償請求や示談交渉のサポートをしています。

 

交通事故の被害者は、いろいろな点で大きな損失を受けます。

 

身体に怪我があれば治療する必要がありますし、その間仕事を休み収入面での損害も発生します。

 

また車など所有物が壊れれば、修理費用も生じます。

 

また忘れてならないのが精神的なダメージです。

 

被害者は精神的に被ったダメージについては賠償金として慰謝料を請求することができます。

 

さらに、怪我の治療が終わっても固定の症状が残って生活や労働能力に影響し後遺障害と認定されるケースがあります。

 

後遺障害が残ってしまったら、所要害分の慰謝料も別に請求できます。

 

治療費や物損の修理費は実費が基本ですが、慰謝料は精神的ダメージという性質上個人差が大きく難しいところです。

 

交通事故の慰謝料について

ふづき法律事務所は交通事故を専門に扱う弁護士事務所です。

 

交通事故の被害者が受ける損害は、大きく分けると積極損害・消極損害・慰謝料に分類されます。

 

積極損害というのは交通事故に遭って実際に支払う出費で、治療費や修理代などです。

 

一方消極損害はケガや障害で仕事ができなくなって減ってしまう収入などです。

 

そして慰謝料は、被害者が受ける精神的な苦痛に対する賠償金です。

 

慰謝料には、ケガをして治療をしたことに対する入通院慰謝料とケガが治っても固定症状が残ってしまった場合の後遺障害慰謝料があります。

 

慰謝料には、実費が基本の治療費や基礎収入で計算する消極損害にはない難しさがあります。

 

それは、精神的苦痛という特徴から個人差が大きいというところです。そのため交通事故慰謝料には、事故による格差を抑えるために算定基準があります。

 

しかしこの基準はひとつではなく、自賠責保険・任意保険そして弁護士基準と3つありどの基準を使ったかで慰謝料額は変わり要注意です。

 

被害者が示談交渉を行う相手の保険会社は、加害者からの賠償金を実際に支払う立場にあります。そのため、示談交渉では保険会社は安い基準を使って慰謝料を計算する可能性があり要注意です。

 

また交通事故の損害賠償では、被った損害から自分の過失割合にあたる分は差し引いて相手に請求します。

 

過失割合というのは交通事故の発生時にどちらにどのぐらいの不注意・落ち度があったかを示す数字で、事故発生時の警察の実況見分を参考にしながら示談交渉の中で決められます。過失割合が大きいと相手に請求できる賠償金の額が少なくなってしまう仕組みで、これを過失相殺といいます。

 

交通事故で相手の保険会社と示談交渉をすることになったら、過失割合や賠償金の計算基準で損をしないために弁護士のサポートが必要です。

 

交通事故専門のふづき法律事務所では、被害者の味方の立場で示談交渉を代行して過失割合についても被害者が損をしないように正当に交渉し、慰謝料についても安い金額で提示されたら高額の弁護士基準で交渉して引き上げのために尽力しています。

 

自動車保険に弁護士費用特約が付いていれば、相談費用は保険で補償されます。

 

3つの基準で慰謝料算出を行います。

そこで交通事故の慰謝料には計算基準がありますが、基準は3つありどれを使うかで金額は大きく変わってしまいます。

 

交通事故専門のふづき法律事務所に弁護士相談をすると、慰謝料請求において大きなメリットがあります。

 

金額が一番高く計算される弁護士基準を使って計算した慰謝料で交渉してもらえるため、増額が可能となります。

 

保険会社は安い基準の慰謝料を見積もりしてくる可能性がありますが、それを正し正当な金額で再請求してもらえます。

 

また損害賠償請求では、自分の過失割合分は差し引いて相手に請求するという過失相殺のルールがあります。

 

ふづき法律事務所に相談することで、過失割合の決定についても被害者が不利にならないよう助言がもらえるというメリットがあります。

 

もし、過失割合などで不都合がある提示をされたらふづき法律事務所までお気軽にご相談ください。

関連ページ

【弁護士特約で被害者様の救済をいたします】交通事故トラブルならふづきへ
弁護士費用が心配なあなたに。ふづき法律事務所は依頼者様の損はさせません
慰謝料の支払基準。弁護士相談のふづき法律事務所にて慰謝料を理解しよう
交通事故の弁護士に依頼すると自身で保険会社対応することもなくなります。
交通事故慰謝料や示談金トラブルなどは専門家である弁護士に相談しましょう
【弁護士相談】ふづき法律事務所で慰謝料増額が可能か計算してみませんか?
【相談料無料の弁護士事務所なら】全国対応で実績あるふづき法律事務所へ
【交通事故に遭ったら医師の診断を受けましょう】弁護士紹介
弁護士の相談費用は無料です。交通事故損害なら全国対応のふづき法律事務所
【保険会社さんとのトラブルでしたら】弁護士に相談できるふづき法律事務所
慰謝料請求の基準とは?信頼・実績で選ぶなら日本全国対応のふづきへ
プロの弁護士に相談する費用がなんと初回無料!安心して相談できます
慰謝料の3つの基準とは? | 交通事故のトラブルでお悩みありませんか?
弁護士基準で慰謝料の引き上げ
相手の保険会社との示談交渉をサポート!弁護士相談のふづき法律事務所
自動車保険の特約対応