MENU

交通事故の弁護士に依頼するとご本人が保険会社対応することもなくなります。

ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料


ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料

交通事故の被害者になったら、加害者が加入している保険会社の担当者と慰謝料や示談交渉などのことについて色々話し合うことになります。

 

担当者が誠実な人ならいいのですが、中には態度の悪いモラルの欠如した担当者に当たってしまう場合もあります。

 

そうなると、事故に遭い意気消沈しているところに、追い討ちをかけるような形になりイライラ感がつのります。

 

しかし感情的になって担当者と喧嘩するのはよくありません。

 

冷静になって大人の対応を心がけるべきです。

 

そのような場合は、まず損保会社の本社に苦情の電話を入れましょう。

 

担当者の態度が酷いと、その保険会社自体が悪いと思いがちですが、実際は会社に問題があるのではなく、担当の人のみに問題がある場合がほとんどです。

 

ですから本社にクレームを入れれば、担当を交代してくれる等、なんらかの処置がとられるはずです。

 

余力があれば、監督官庁にもクレームを入れておきましょう。

 

本社に連絡するとき、「監督官庁にクレームを入れますからね」と圧力をかけておくのも効果的です。

 

保険会社は監督官庁から睨まれるのを恐れていますから、「監督官庁にクレームを入れる」というフレーズは効きます。

 

しかし、保険屋も基本的に商売でやっていますから、保険金はなるべく支払いたくないというのが本音です。

 

担当の態度が悪いというだけでなく、あの手この手で給付する保険金の額を減らそうと圧力をかけてきます。

 

そんな時はふづき法律事務所など交通事故に強い弁護士に相談してみるのも悪くないです。

関連ページ

【弁護士特約で被害者様の救済をいたします】交通事故トラブルならふづきへ
弁護士費用が心配なあなたに。ふづき法律事務所は依頼者様の損はさせません
慰謝料の支払基準。弁護士相談のふづき法律事務所にて慰謝料を理解しよう
交通事故慰謝料や示談金トラブルなどは専門家である弁護士に相談しましょう
【弁護士相談】ふづき法律事務所で慰謝料増額が可能か計算してみませんか?
【相談料無料の弁護士事務所なら】全国対応で実績あるふづき法律事務所へ
【交通事故に遭ったら医師の診断を受けましょう】弁護士紹介
弁護士の相談費用は無料です。交通事故損害なら全国対応のふづき法律事務所
【保険会社さんとのトラブルでしたら】弁護士に相談できるふづき法律事務所
慰謝料請求の基準とは?信頼・実績で選ぶなら日本全国対応のふづきへ
交通事故の損害賠償について | 法律相談・トラブルならふづき法律事務所
プロの弁護士に相談する費用がなんと初回無料!安心して相談できます
慰謝料の3つの基準とは? | 交通事故のトラブルでお悩みありませんか?
弁護士基準で慰謝料の引き上げ
相手の保険会社との示談交渉をサポート!弁護士相談のふづき法律事務所
自動車保険の特約対応