MENU

弁護士基準だと慰謝料増額可能に

ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料


ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料

交通事故の被害者となった場合、加害者側から慰謝料が支払われます。

 

交通事故では、外傷はもちろん、精神的な苦痛に対しても慰謝料が支払われます。

 

治療期間も、後遺症が残る人もいるため、人によって様々です。

 

交通事故は、突然のことで、パニックになってしまう被害者も少なくありません。

 

中には、事故の対応を保険会社に任せてしまい、提示されるままに手続きを進めてしまう人も多いのです。
しかし、慰謝料の交渉を、ふづき法律事務所などの弁護士事務所に依頼すると、煩わしい手続きの心配もなく、慰謝料の大幅な増額が見込めます。

 

保険会社の補償というのは、被害者にとっては十分なものではないのです。
示談にする十分な補償がどれくらいか、しっかりと把握して交渉を行う必要があります。
弁護士であれば、被害者の立場に立って交渉してくれます。

 

交通事故の慰謝料の支払算定には、大きく分けて自賠責保険基準、任意保険基準、弁護士基準という3つの基準があるのです。
自賠責基準は、自動車を運転する人が必ず加入する自賠責保険の基準で、最低限の補償基準となっています。
1日4,200円という数字は、自賠責保険の金額です。

 

保険会社は、慰謝料を提示する時に、1日4,200円に実通院日数をかけて計算し、提示してくることがあります。
任意保険基準は、自賠責基準よりは高いのですが、保険会社によって基準が異なります。

 

弁護士基準は、裁判所基準とも呼ばれており、自賠責保険の基準や任意保険の基準に比べて、公正な判断に基づく基準であり慰謝料も高額になります。

 

弁護士に依頼することで、賠償額の増額が期待できるのです。
保険会社との書類のやり取りは、素人にとっては難しく大変です。

 

しかし、書類などの手続きを法律の専門家である弁護士に任せれば、安心して治療に専念することができるのです。
被害者が弁護士費用の支払いをせずに、保険会社が負担してくれる弁護士特約の制度もあります。

 

弁護士費用特約を使っても、保険の等級が下がることはありません。

ふづき法律事務所へのご相談はこちらから

ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料


交通事故によるトラブルなら交通事故専門弁護士におまかせください!
ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料


ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料


交通事故専門の弁護士相談ならふづき法律事務所におまかせください
ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料