MENU

交通事故の慰謝料の問題は経験豊富な法律事務所に相談しましょう

ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料


ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料

交通事故に遭ってしまった場合には様々な問題が生じるものです。

 

特にむちうち等の神経性の後遺症の場合にはその発症が遅れるほか通院してもなかなか完治しないことも多く、医療費の補償の問題や慰謝料の問題が発生しがちです。しかしこの点については当事者同士や保険会社の仲介ではなかなか円満に解決できることが少ないものです。

 

基本的には加害者の負担となる

交通事故による怪我の場合にはその治療費は過失割合にもよりますが、基本的には加害者側が全額負担することになっています。

 

さらに治療にかかる通院費やその為に生じた休業による損失も加害者が補償しなければいけないことになっていますが、実際には様々な制約が有るため全額を補償してもらえないことも少なくありません。

 

特にむちうちなどの神経性の後遺症の場合には外傷がない事やその治癒の状況が外見から判断できないことも有り、医師の判断によるところが大きいのです。

 

さらに保険会社が参考にする基準では一定期間治療しても症状の改善が芳しくない場合には治療費の打ち切りがされたり、後遺症の等級が低いために慰謝料が十分にもらえないことが多いのです。

 

弁護士に相談しておくと適正な慰謝料がもらえる

その為、交通事故に遭ってしまった場合には弁護士に相談することが良いと言われています。弁護士は交通事故の後遺症に対する慰謝料を判例に基づいて請求してくれるので、実態に合った金額となる事が多いものです。

 

ふづき法律事務所は交通事故の慰謝料の問題を数多く取り扱っている法律事務所です。
そのため経験が豊富で最適な慰謝料の算出を行ってくれます。又、相談料が無料であるため安心して相談できるのも大きな魅力です。