MENU

交通事故の被害者になってしまったらふづき法律事務所に弁護士依頼しよう

ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料


ふづき法律事務所,弁護士,交通事故,慰謝料

ふづき法律事務所は、交通事故問題を多く取り扱う弁護士の先生の事務所です。

 

交通事故の被害者になってしまうと、いろいろな面で大きな損害があります。

 

その損害は、身体のケガや物損、仕事ができなくなって収入の減、精神的な苦痛と多大です。交通事故の被害者は、相手に対して損害賠償請求することができます。

 

損害賠償請求時には示談交渉を行います

損害賠償請求の内容は、相手の保険会社と話し合う示談交渉の中で決めるのが一般的です。

 

相手の保険会社は、加害者が被害者に支払う賠償金を代わって支払う立場です。

 

そのため、交渉の中では安く見積もった金額を提示する可能性があります。
特に、精神的な苦痛に対する賠償金の慰謝料については金額に幅が出やすい項目です。

 

それは、慰謝料は精神的苦痛という性質上個人差が大きいという問題があるためです。

 

個人差による不公平感を抑えるため、交通事故の慰謝利用には計算基準があります。
しかし、この計算基準はひとつではなく、自賠責基準・任意保険基準・弁護士基準と3つありとどの基準を使って計算するかで慰謝料額は大きく変わります。

 

弁護士基準が高額な慰謝料算定になります

この3つの基準の中で、慰謝料が一番高額に算定されるのは弁護士基準です。

 

相手の保険会社から慰謝料額を提示されたらその見極めが肝心ですが、知識がないと難しいので交通事故で被害者になってしまったら交通事故問題に強いふづき法律事務所に弁護士依頼をしてサポートを受けるのが最善です。

 

ふづき法律事務所では、交通事故で被害者となってしまった相談者の味方という立場に立って交渉を代行し正当な慰謝料増額の交渉をしています。